チートデイのとは?必要性と効果的なチートデイのやり方 – SERO&TONIN

このサイトでは、ブラウザのサポートが制限されています。 MicroSoftEdge、GoogleChrome、Safari、またはFirefoxの最新版をお使いください。

SERO&TONIN OFFICIAL SHOP

ショッピングカート

カートは空です

ショッピングを続ける

チートデイのとは?必要性と効果的なチートデイのやり方

チートデイの食べ方

こんにちは、sero&toninライターのkahoです。
今回はダイエットをしている人に読んでもらいたい記事を書きます。
突然ですが、最近ダイエットはうまくいってますか?
ダイエットを続けていけば、体重が減らなくなるという悩みがあると思います。
そこで皆さんに取り入れて欲しいのが、チートデイです。
チートデイって何か知っていますか。
​今回は​チートデイのやり方について書きたいと思います。

チートデイとは



1.チートデイとは
2.チートデイの必要性
3.効果的にチートデイを行うためには

1.チートデイとは

チートデイのお菓子


ダイエットなどを​目的に​食事制限をしている最中に、しっかりと食事を取っても良い特別日をチートデイと呼びます。つまり、その日の食事は糖質などを気にすることなく、好きな物を食べて良いということです。
チートデイを行うべき最適なタイミングは、毎日体温を測り、体温が0.3°〜0.5℃程度下がっている時です。これは代謝が落ちているサインだからです。この機会を見逃さないように、糖質制限に加えて体温管理もすると良いですよ。
ですが、チートデイは本当にダイエットをする上で必要なのでしょうか?

2.チートデイの必要性

チートデイの必要性

チートデイには、代謝をよくする、ストレスを軽減するなどの効果があります。
代謝を良くすることによって、糖質制限することに慣れ、代謝が落ちて痩せにくくなってしまった体を一度リセットし、再びダイエットモードになることが出来るそうです。
本当になんでも食べていいの?今までの努力が無駄にならないかなどの心配があると思います。では、効果的にチートデイを行うにはどうするべきなのでしょうか。

3.効果的にチートデイを行うためには

効果的なチートデイのやり方


 まず、最初に書いたようにチートデイには最適なタイミングがあります「たまには…、糖質制限に飽きたから…」などという理由で好きな時期に行ってはいけません。あくまでもダイエットの停滞期に行うことで、良い効果を得られるかもしれないというものなので実施時期がポイントです。そして、チートデイの頻度は停滞期中1日だけ、多くても週一回程度にしておいた方がいいですよ。チートデイをし続けてしまうと糖質制限の食生活に戻りにくくなってしまうことがあります。また、チートデイはなんでも食べても良い日ですが、ジャンクフードやファーストフード、お菓子ばかり食べるのは良いことはありません。出来るだけ整った食事を心がけることをお勧めします。最後にチートデイで注意すべきことは、チートデイ前後の極端な食事制限や絶食です。チートデイの目的をしっかり理解することが大切です。
 効果的にチートデイを行うコツは、一日3食に分けて食べることです。それにより栄養を十分に摂取していることを身体に伝えられ、身体のリセットに役立つそうです。
 いくらチートデイだからといって甘いものを食べるのは気が引けるという人はいませんか。そんな人にお勧めなのが、ロカボスイーツです。これは、糖質を出来るだけ使っていないスイーツです。負い目を感じずに食べれると思うので、こんな方にもぴったりです。
このように、しっかりルールを守れば糖質制限ダイエットを成功させる鍵になるので、是非チートデイを試してみてください。

正しいチートデイで健康的に痩せよう

今回の記事が少しでも糖質制限のお手伝いになれば幸いです。